入会案内

資格

主として県内在住の鍼師有資格者
将来経絡治療による鍼専門家になりたいと考えている60歳未満の賢明なる努力家
毎月開催の支部例会に出席可能な条件者
入会金及び支部会費3ヶ月分を前納あるいは分納可能な者

 

月例会会場

アスト津 5F 研修室B
※会場の事情により変更有り

 

月例会日程

毎月第3日曜日(10時~16時)
会場の事情により変更有り

 

申し込み方法

東洋はり医学会趣意書、綱領、および東洋はり医学会三重支部入会者募集案内を熟読のうえ、入会申込書に必要事項を記入し提出のこと
入会申込書(pdfファイル)

 

申し込み先

東洋はり医学会三重支部 支部長 西出隆彦
〒514-1105 津市久居北口町15-7 じねん堂はり灸治療院
Tel:059-256-5110
Email:info@toyohari-mie.org

 

費用

入会金:25,000円(学生12,500円)
支部会費1~3ヶ月分:4,000~12,000円
支部会費は1・4・7・10月に3ヶ月分を前納となっているため、1月入会であれば3ヶ月分を、3月入会であれば1ヶ月分を、入会金とともに納入のこと

 

東洋はり医学会 趣意書および綱領

趣意書

文化の進展は瞬時の猶予をも許さず、今や鍼灸術も世界の医学界に登場するところとなった。
翻って国内においては、これが科学化の掛け声と共に種々な研究が進められてはいるが、その大勢は鍼灸の臨床における諸現象を現代医学によって解明せんとするものの如くである。即ち、経穴を刺激の部位となし経絡はほとんど顧りみない状態であるが、かくては数千年の伝統を誇る東洋医学の真髄を学ぶことは全く至難となる。
病体を気血の変動とし、その病変を経絡の虚実として統一的に把握し、経穴を診断と治療の場として補瀉調整する経絡治療こそ鍼灸術本来の正道である。しかして、この学理と術技を体得せしめて、真に病苦除去の実力ある鍼灸人を育成することこそその科学化に優先すべき必須要件であるが、不幸にしてこれを誤る時は、その鍼灸術、すなわち我が祖先の偉大な文化遺産を後世に伝承することは全く不可能となる。
ここにおいて、我々志を同じうする者、相図って東洋はり医学会を結成し別紙綱領の完遂を期す。
以上の主旨を諒とせられる同志は、来って本会に投ぜられんことを広く業界の諸君に訴える次第である。

綱領

1.我々は臨床を通して古典を再検討し、病体を通じて経絡経穴を把握し、以て伝統的鍼灸術の本道を体得せんことを期す。
1.我々は正しい経絡治療の学理と術技を修得することによって、鍼灸人としての人格と実力を涵養し、以て鍼灸家の社会的地位を確立せんことを期す。
1.我々は古典による経絡理論を正しく理解実践し、経絡経穴の普及啓蒙に努め、以て偉大な祖先の文化遺産を伝承せんことを期す。